わたしの「盛岡三十三観音」巡り 野沢 淑子 | フォトコンテスト、写真展へ出品する写真作品づくりをサポートします。写真集(フォトブック)の作成も行っております。

フォトギャラリー
第一番              峯寿院(馬頭観世音)

第一番              峯寿院(馬頭観世音)

野沢 淑子

第一番霊場・峯寿院は清水町(馬町)にある。堂守さんをはじめ地域の人々が先祖代々受け継ぎ大切にお守りしてきたとのこと。7月14日がご縁日というのを聞きつけて、大雨の中、出かけて行った。初めてお堂の中に入れていただきお詣りしたが観音様は非常に小さく、お顔の様子はよく見えなかったが初対面なので離れて拝顔させていただいた。
清水町1-8

詳細はこちら

第二番                 久昌寺(七体観世音)

第二番                 久昌寺(七体観世音)

野沢 淑子

第二番霊場・久昌寺は寺の下の大きな寺院である。
この寺の北西に出る細い路地の方が私にとっては身近で親しい徘徊エリアだった。
なにはともあれ、山門の彫刻はいつ行ってみても魅了される。
たくみの心意気、かたちの力強さに励まされる思いである。
大慈寺町1-5

詳細はこちら

第三番                 長松院(貞伝観世音)

第三番                 長松院(貞伝観世音)

野沢 淑子

長松院の境内にはにこやかな表情のお地蔵さんがいくつかあり、そのどれも子どものように無邪気な姿をしているので心が和みます。
シャッターを切っていたら沙汰やみだった友人のひとりと出逢った。

詳細はこちら

第四番                祇陀寺(馬頭観世音)

第四番                祇陀寺(馬頭観世音)

野沢 淑子

30年以上も朝な夕な風にのって聞こえてくる鐘の音が、どこのお寺のものなのかわからずじまいだったのが、ある時この寺の近くの豆腐屋さんに立ち寄った時その正体がわかったのだった。この寺の紋に龍がついていることもわかり、知人からそのいわれを聞くことができた。
大慈寺町3-16

詳細はこちら

第五番                  千手院(千手観世音)

第五番                  千手院(千手観世音)

野沢 淑子

大きな提灯の下をくぐると右手に幼児のお地蔵さんたちを従えた観音様がお立ちになっている。左手にも観音様がお立ちになっている。
その背後に小寒い時にも慎ましやかに咲いているのは四季咲きの桜であろうか。
初夏の緑の背景もお似合いである。
鉈屋町1-24

詳細はこちら

第六番              大慈寺(十一面観世音)

第六番              大慈寺(十一面観世音)

野沢 淑子

山門は竜宮城の門みたい。
送り盆の夜に境内でさんさ踊りの奉納があった。
内側から見てもやっぱり乙姫様の門なのだ。
 
大慈寺町5-6

詳細はこちら

第七番                 永泉寺 (滝ノ神観世音)

第七番                 永泉寺 (滝ノ神観世音)

野沢 淑子

広い墓地の一角に直立不動の観音様は夏の空によく映える。
ありがたみは雲の流れに増幅されてくる。


大慈寺町8-22

詳細はこちら

第八番                祇陀寺(十一面観世音)

第八番                祇陀寺(十一面観世音)

野沢 淑子

昔子供だった人にとってお地蔵さんは懐かしく心温まる存在である。
六地蔵さんのお話が心に浸みているからだろうか。

大慈寺町3-16

詳細はこちら

第九番                大山観音堂(小山観世音)

第九番                大山観音堂(小山観世音)

野沢 淑子

高台の住宅地にあった。人里はなれたさびしいところを想定したので
イメージはボツとなる。
お神酒か若水か小さなコップが置いてあった。
東中野町25-23

詳細はこちら

Page Up
ホームページ制作、ホームページ作成はこちら