わたしの「盛岡三十三観音」巡り 野沢 淑子 | フォトコンテスト、写真展へ出品する写真作品づくりをサポートします。写真集(フォトブック)の作成も行っております。

フォトギャラリー
第十九番                 教浄寺(聖観世音)

第十九番                 教浄寺(聖観世音)

野沢 淑子

鉄門扉は閉ざされていたので山門からは入れない。幼児施設がそばにあって遊具と境内が一緒みたいだ。保育士のお姉さん2人に出合ったのでご挨拶をした。
西日が丈の高い杉の幹に当たってお地蔵さんのシルエットが目を引いた。
北山1-13-25

詳細はこちら

第二十番                源勝寺(銅製聖観世音)

第二十番                源勝寺(銅製聖観世音)

野沢 淑子

用事があって北山に通っていたことがある。行き帰りに寺の山門をくぐり景色を眺めたりした。荷物の少ない雪の日にカメラを持っていって静謐な境内でシャッターを押すと音が大きくて驚いたことも初体験。

北山1-13-5

詳細はこちら

第二十一番              龍谷寺(櫻川観世音)

第二十一番              龍谷寺(櫻川観世音)

野沢 淑子

桜の開花もそろそろ終わりの早朝、友達と北山交番前で待ち合わせる。この寺の枝垂桜の方が有名なのだそうだが、寺と桜をセットにしたいので有名でない桜にカメラを向ける。
やってきましたシロネコちゃん!

詳細はこちら

第二十二番清養院(聖観世音)       名須川町7-1

第二十二番清養院(聖観世音)       名須川町7-1

寺院というものはたいていは人の気配が少ないことが多く、それで何か動くものが眼に留まると嬉しくなる。
山門をくぐったら働く人々が休憩されていたが、お疲れのところにお邪魔する。物知り博士で話し好きのおじさんから、近辺の寺にまつわる興味深い話を聞くことが出来た。

詳細はこちら

第二十三番                光台寺(聖観音)

第二十三番                光台寺(聖観音)

野沢 淑子

遠方からでもひときわ目立って美しい濃いピンク色。何代前かの住職が京都から取り寄せたものだと聞いたことがある。
淡く清楚な色調ももちろん素敵だが、濃いピンクも桜だったら素直に受け入れることが出来る。

詳細はこちら

第二十四番 吉祥寺(聖観世音)     名須川町15-11

第二十四番 吉祥寺(聖観世音)     名須川町15-11

秋になるといたるところで愛好家によって大切に育てられた菊花は人々の目を楽しませてくれるもの。
この前この寺に立ったときは本堂の屋根が気になったが、今回は菊にひきつけられ、寺の紋がぼやけてしまった。

詳細はこちら

第二十五番 東顕寺(十一面観音菩薩座像)

第二十五番 東顕寺(十一面観音菩薩座像)

野沢 淑子

山門や境内に目を引くものがたくさんあるのでそれらの写真はストックしてあるがどうしても動くものがないのはものさびしいし、つまらない

詳細はこちら

第二十六番 大泉寺(十一面観音菩薩) 本町通1-31-5

第二十六番 大泉寺(十一面観音菩薩) 本町通1-31-5

震災後数日たってなすすべもなく不安な気持ちをもったまま外に出た。寺のあちこちに落剥した屋根瓦が散乱していた。被害が他と比べたら少ない盛岡ではあっても影響はあったのだろう。今回行ってみたら古い瓦の間に光って見える個所がまた目に付いたのだった。

詳細はこちら

第二十七番 報恩寺(十一面観世音)

第二十七番 報恩寺(十一面観世音)

野沢 淑子

昼近いせいかあたりは静まりかえっている。門前の石段に2人の女の子がすわってお喋りしているが、それもとても静か。
彼女たちが立ち去ると、一組の家族が本堂に向って歩いて行く。若い両親と2人の子供もおだやかで、居合わせたこちらが心が和む。

詳細はこちら

Page Up
ホームページ制作、ホームページ作成はこちら