2012年1月24日

さけの赤ちゃんうまれたよ

カメラのキクヤの水槽の中でさけの卵からさけの赤ちゃんが生まれました。
まだ卵胞をお腹に抱えていて当分はこの卵胞から栄養をとります。


本町振興会では19年前からさけの稚魚の放流をしています。
盛岡市役所の傍を流れる中津川には秋になると“さけ”が産卵のために
遡上してきます。
中津川で生まれ、中津川で育った“さけ”の赤ちゃんは中津川から北上川 を200km下って太平洋に出ます。
200kmも内陸の川まで遡上するのはとても珍しいことだそうです。

この大切な中津川を大切にする活動のひとつとして、さけの稚魚の放流を行っています。
 
今年は3月17日(土)に放流会を行う予定です。
どなたでも参加できます。参加希望の方はカメラのキクヤまでお問い合わ せください。
放流会までにさけの赤ちゃんは5cmくらいに成長します。

ホームページ制作はオールインターネット